第十会 一文字一佛に感謝


急遽、この春より京都の本山の方で修行研鑽をつむことになりました。誠に残念ですが、今回をもって當山ホームページの写経会”一文字一佛”での私のお話を最後とさせていただきます。
當山密蔵院にお世話になること三年。山口住職をはじめ職場の皆様、そして多くのお檀家の皆様に並々ならぬご厚情ご指導を頂きました事をこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。
在職中、当山の活発な数々の諸行事、多くの檀家さん方の法事に携わる日々を過ごさせていただき唯々感謝の気持ちでいっぱいです。また未熟な私に写経の一文字一佛の祈りを込めて、皆様と共に筆写するお手伝いの一翼を担わせていただきました。行き届かぬことも沢山あったと思いますが、真剣に写経に取り組まれた皆様のお一人お一人のお姿が目に浮かんでまいります。写経について、指導していく中で御参加いただいた皆様から数多くの事を逆に教えられたと実感しております。當山の写経会はこれからも続きます。今後も気軽に御参加いただき、一人でも多くの方が写経に触れていただければと願っております。



インターネットの読者の皆様には、今まで私のつたない文章を最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。写経についてお伝えしたかったこと、書きたかったこと、思い起こせば多々ありすぎて、後ろ髪を引かれる思いです(後ろ髪はありませんでしたね)。この続きは、後任者にお任せしたいと思います。
最後になりますが、皆々様のご壮健とご繁栄を心より祈念してご挨拶とさせていただきます。長い間、本当にありがとうございました。
また、どこかでお会いいたしましょう。


合掌