密蔵院/年間行事 十三参り



 陰暦の三月十三日、現在の四月十三日に数えで十三歳になった男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りして福徳、知恵を授かる行事で、「知恵もらい」ともいいます。また、十三参りが行われるようになったのはちょうど二百年ほど前といわれています。十三歳になった子供がこうした虚空蔵菩薩の御誓願にあやかるため、その御縁日に智福の授与を祈ってお参りするゆかしい行事で、京都や大阪で数百年にわたる伝統を持っています。
 密蔵院でも、この時期、十三歳のお子様を対象に、厄難を払い、智恵を授けていただけるように虚空蔵菩薩に祈願いたします。 虚空蔵菩薩とは、大空のような広大な知恵と福徳をお持ちになり、それを総ての人に授けようとの御誓願のもとにこの世においでになる佛さまです。


十三参りの様子


戻る