密蔵院/年間行事 施餓鬼会



 旋餓鬼会とは、お釈迦様の弟子の一人である阿難尊者が、瞑想を行っておりますと目の前に餓鬼が現れて「おまえの命は後3日、そして地獄に落ちることになっている」と告げられました。そして、餓鬼達の供養の方法をお釈迦様から教えていただき、阿難尊者は多くの僧侶を集め、餓鬼の供養を行いましたところ、自己の畏命、又全ての餓鬼が極楽にかわれることが出来たと伝えられています。餓鬼界に落ちた霊の供養を行うことは重要なことで、大切な布施行の一つです。密蔵院では毎年8月24日に施餓鬼会を行っています。これはお盆の時期であり、皆様と共に有縁・無縁のご供養をさせていただいております。より多くの方々のご参加をお待ちしております。


 2015年 施餓鬼会の風景


 ★過去の施餓鬼会の風景



戻る