四季のエッセイ 境内便り  【20】2012年 夏



− 今年は猛暑になりましたね。 夏の密蔵院の思い出・エピソードからお願いします。

 暑い夏になりましたね。 子供の頃から夏といえば お盆の準備を祖父と父とするのが決まりでした。 お墓参りは小さいころから毎年13日に祖父、父と一緒に仏様を迎えにいって、15日に送っていましたね。 今では父と一緒に行っていたことを懐かしく思い出します。
 祖父に 「お前は跡取りだから仏壇を掃除したり、お盆の準備を覚えなきゃいけない」 ということでイヤイヤやっていたかな(笑)・・・でも今となっては、父もいなくなってしまい、 小さい頃からやっておいてよかったと思いますよ。 今では、父の妥協しない丁寧な仕事ぶりを見ながら一緒にやってこれたことは僕の財産になっていますから。

− お寺での夏の仕事はどのようなことを主にするのですか?

 お寺の夏といえば、何と言っても、お盆のお墓参りと密蔵院の庭園の手入れですね。 でも、密蔵院の手入れは6月中旬からこの時期に向けていつも行っているんですよ。
 また、密蔵院以外のお客様の庭の手入れもあります。 庭をきれいにしてお盆を迎えたいと皆さん思っているので、6月から8月お盆前までお客様の庭の手入れをします。 お盆が過ぎると一旦落ち着きますかね。

− どのへんが苦労されますか?

 やはり夏の暑さが天敵です。 体調を崩したり、熱中症にならないように休憩を取りながら水分や塩分をよく取るようにしています。 あと暑さで集中力がなくなってくるので脚立から落ちたり、事故、怪我をしないように気をつけています。
 害虫、毛虫などが多く発生する季節なので齧れたり、蜂に刺されたりなどの苦労もありますね。

− 最近 気になる出来事などありますか?

 熱中症予防です。 塩飴やスポーツドリンク、テレビで予防にいいといっていたものがあれば 実践するようにしています。
 でも、基本はご飯をちゃんと食べたり、睡眠をしっかりとったり、日々の体調管理が一番重要そうですけどね(笑)

− 最後に メッセージなどお願いします。

 お墓に行くとたくさんのお墓がありますよね。 他の檀家様もそうだと思うのですが、自分もご先祖様が築いてきたからこそ今があるのだなと感謝しています。 これからも努力して沖田家を守らなければいけないと思っています。
 年々暑くなり、熱中症になったこともありました。 しかし皆さんに「綺麗になりますね」「いつ来ても綺麗になってますね」「いい庭ですね」などと声をかけていただくと嬉しく、父がそうであったように自分も頑張ってより綺麗に手入れしようと真摯に仕事に取り組んでいこうと思います。

− 沖田さん、一年間ありがとうございました。



 ※ 沖田園さんのホームページは こちら です。 ご相談があれば、お気軽にご相談くださいとのことです。